宇多田ヒカルの現在?病気?卵巣?子宮?婦人科?目の失明が遺伝?母の精神?生理痛?



宇多田ヒカルの現在は病気?卵巣?子宮?婦人科?目の失明が遺伝?母の精神?生理痛?

 

今回は宇多田ヒカルの病気などについて紹介します。

 WS000441

 宇多田ヒカルは2014年の2月に、ロンドンに住んでいる23歳のイタリア人と結婚しています。

WS000442

 そんなめちゃくちゃイケメンってわけでもなく、正直ちょっとやらしそうな顔してるなと思ってしまいましたw

なんかすごい人なのかと思ってたらめちゃくちゃ普通の一般人のようですね。

普通にホテルでバーテンダーとして働いていたようです。

結婚当時宇多田ヒカルは31歳だったので年の差は8歳くらいでしょうか。

やはりイタリア人男性のコミュニケーション能力は日本人とは比べものにならないってことでなんでしょうか。

 

病気?

そんな宇多田ヒカルについてですが、どうやらいろいろと病気の話があるようですね。

 

卵巣?子宮?婦人科?

まず2004年の4月、宇多田ヒカルは19歳の時に卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)摘出手術を受けているようですね。

卵巣嚢腫は、卵巣の中に分泌液がたまってはれてしまうものだということですが、良性であることが多いようで女性なら誰でもなる可能性がある病気のようですね。

生理痛がだんだんひどくなるという症状があるようですね。

悪性だと卵巣ガンということになってしまうようです。

19歳で卵巣の病気とか聞くとすごい深刻な病気なんじゃないかとか、子供産めなくなったりするんじゃないかとか心配になってしまったりしまいますが、なんでもかんでもそんなことになってしまうというわけではないようですね。

卵巣は体のなかでもっとも腫瘍ができやすい臓器らしいのですが、「沈黙の臓器」なんて言われているくらい症状が出にくいみたいですね。

宇多田ヒカルは腫瘍を摘出しただけで、卵巣は摘出していないということで、妊娠も可能だということのようです。

そんなこともあって、宇多田ヒカルはホームページ上で、「行ったことのない女の子はお願い!私の心配をする前に、どうかお化け屋敷に入ってみるくらいの気持ちで産婦人科に行ってみてください」と言っていたようです。

確かに、特に痛みとかないのに病院行ったりするのめんどくさかったりしますが、一度行っておくと安心できたり、早期発見できたりするので、めんどくさがらずに行っておいたほうがいいのかもしれませんね。

 

目の失明が遺伝?

宇多田ヒカルの母親である藤圭子の家系は遺伝的に目が弱いそうです。

WS000443 藤圭子

藤圭子の母も盲目で、藤圭子も年齢とともに視力が著しく低下していたようです。

そのため宇多田ヒカルの本名の光という名前は、「生まれてくる子の瞳にいつまでも光が宿るように」と名付けられたそうです。

現在宇多田ヒカルの視力が低下しているという情報はないようですが、ちょっと心配なところではありますね。

 

母の精神?

また、藤圭子は精神の病にも苦しめられていたようで、病名としては統合失調症というものだったようです。

環境やストレスなどの影響で発症するものだということで、やはり遺伝的な目の病気などからくる将来の不安など、相当なストレスがあったのではないだろうかと感じますね。

統合失調症については遺伝するようなものではないようですが、宇多田ヒカルについても環境やストレスなどで、似たような症状にならないと言い切れるものではないので、穏やかな生活を送ってもらいたいと思います。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す